Eqlezm4usheadxw4hvsd

ポッドキャストの音声配信を自動で9チャンネルに同時配信できるAnchor(アンカー)の使い方

Anchor(アンカー)というサービスを利用すれば簡単にiTunesのポッドキャスト配信やGoogleポッドキャスト配信、Spotify(スポティファイ)でもラジオ配信ができるようになります。完全自動でデータをアップロードできます。

   セール情報を確認する

iTunesのポッドキャスト配信にチャレンジしたいと思ったことはありませんか?

実は、今まではiTunesのポッドキャスト配信はWordPressなどをプラグインと合わせて活用してiTunesにポッドキャスト配信をする必要がありました。正直、結構面倒くさい手順が必要でした。

しかし、このコースで紹介しているAnchor(アンカー)という海外サービスを利用すれば、簡単にiTunesのポッドキャストはもちろん、Googleポッドキャストや、Spotify(スポティファイ)にも簡単にラジオ配信できるようになります。

アメリカのGoogleでは、今後2年以内に音声コンテンツをSEO検索で上位表示させるような環境を整えると発表しています。

スマートスピーカーの普及で、今音声コンテンツが注目されているんです。スマートスピーカーとは、AmazonのEchoなどのことです。

今までは、ブログ(テキストベース)、動画(映像ベース)がコンテンツとして主流でしたが、今後は、音声コンテンツもメインコンテンツとして利用される時代になってきます。

今から、ブログを頑張ろうと思っている人やYouTubeを頑張ろうと思っている人はよほどその才能があるのであれば成功できるかもしれませんが、今ごろ参入したところで、ライバルに打ち勝つことはかなり至難の技でしょう。

でも、音声配信をしている人は、まだ誰もいません。このジャンルに参入したほうが圧倒的な先行者利益を獲得するチャンスになります。

しかも、顔出し不要で、副業としてネットビジネスを始める人にも最適です。

新しいチャレンジとして音声コンテンツのポッドキャスト配信にチャレンジしたい方は、ぜひこちらのコースを参考にAnchor(アンカー)を活用してみてください。


今すぐ始めよう!



あなたのインストラクター


山田どうそん
山田どうそん
サブスクの会員制サイト『どうそんオンラインスクール(DOS)』を運営。Udemyベストセラー講師。マーケティングからセールス、商品提供までを自動化して時間の自由を作り出しています。毎月安定した収益を上げることが最も大事だと思っているのでビジネスをオートメーション化し毎月自動で売上が上がる仕組みを構築しています。